旧車1981年式ランドローバーSeries3

landrover.jpg1981年式ランドローバーのシリーズ3です。

1971〜1985年式 Land Rover Series 3
英国車 旧車
3.5L ガソリン V8
91hp

1980年からは、2.25L 4cyl ガソリン ディーゼルも用意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ランドローバー (英: Land Rover)は、英国基盤のオフロード4WDの自動車メーカーである。ブリティッシュ・レイランドへの統合以降、オースチン・ローバー、BAe、BMWと、親会社や株主が目まぐるしく変わる中、地道にに四輪駆動車を作り続け、現在はフォード・モーター傘下にある。

landroverrear.jpgランドローバーを代表する車種には、ディフェンダーとレンジローバーがある。その他、ディスカバリー、ディスカバリースポーツ、フリーランダーが生産、販売されている。

キャメルトロフィー世界大会に、第1回を除いて採用されていた。 ランドローバー社はレンジローバーやディスカバリーを生産する英国の自動車メーカーだが、ランドローバーは、1991年までは、現行車種名でディフェンダーと称される車の名称だった。ランドローバーの試作車が誕生したのは第二次世界大戦後の1947年。農業などの作業用途を考慮して、ステアリングホイールは中央に配置された(欧州市場を狙って、運転席を左右どちらにするか迷った挙句、試作車のステアリングホイールは中央に位置することになった という説もある。)。

ランドローバーはそのホイールベース長によって、88・109などと車種を区別していた。1986年にはレンジローバーが採用するフルタイムトランスファーやコイルサスペンションを流用し、これに伴ってホイールベースが92.5インチ、110インチに延長され、夫々90・110と呼ばれた。また、さらにホイールベースが長いピックアップトラックの130もある。エンジンはディーゼルとガソリンの二種類。ラダーフレームにアルミボディを載せた構造は、外観からは想像できないほど低重心で、傾斜安定性にも寄与している。

かつて、白洲次郎がダム建設計画の下見のためにわざわざ英国から輸入させた逸話は、よく知られている。高速道路巡航から極悪路の走破まで、幅広く高い走行性能を持ち、イギリス軍の軍用車として、或いは、僻地の足として、世界中で活躍しているのがランドローバー(現ディフェンダー)である。


posted by 白熊 at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車ヨーロッパ車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。